主婦の節約術を教えます

33歳主婦です。子供が二人いて去年念願のマイホームを建てました、しかし毎日の生活はキツキツ…。

ということで主婦ならではの節約術を紹介します。まずは食費の節約。買い物に出かける前に、冷蔵庫の残りを確認し必要なものをチェックして無駄な買い物はしない。

あとは財布にたくさんのお金を入れていかない。財布にまだたくさんがあって余裕があるとつい無駄遣いしてしまいます。数日分の献立を考える。レシピを事前に考えて買い物にいくようにすれば時間の無駄がなくなり、余計なものを買わなくなります。

次は光熱費の節約。まずは待機消費電力を節約する。普段あまり入らない部屋があるのであれば、ブレーカーを切っておくとかなり節約できます。使っていないスイッチだけをOFFにすることが出来るコンセントもいいと思います。節水シャワーヘッドを使用する。シャワーの出る穴を少なくすることにより、水の量を減らすことができる便利グッズです。取り付けるだけで、水道代・ガス代の大きな節約に繋がります。

あとは家計簿をつけるやはり何にお金を使ったかというのをしっかり把握することが大切。何となくお金を使ってる人は要注意です。今は家計簿を簡単に付けれるアプリなどもあるので活用してみてください。


やっぱりまとめ買いの方が節約できる!

主婦が節約を考える時、まず第一に考える節約箇所は食費の部分ではないでしょうか。私も子供ができて主婦となり、節約を意識し始めた時、まずは食費から何とかしようと思いました。しかしながら、私は料理が上手じゃないばかりか、苦手です。だから、料理のレパートリーが少なく、買ってきた食材を駄目にしてしまうことがたびたびありました。そのため、今日使うものしか買わない、冷蔵庫に入れるのは、調味料などのみで、ほぼからっぽの状態を維持しようと決めました。
実際、この今日使うものだけ買うという方法にしたら、食材を駄目にすることはなくなり、確かに節約ができました。しかし、ものの本を読むとまとめ買いの方が節約できるとあります。そこで、一度、1週間に1回だけ買い物に行って、乗り切るという方法を試してみることにしました。結果から言えば、こちらの方が節約ができました。今日使う分だけの時は、お肉も野菜もお得なパックがあっても、1日で食べきらないので手に取ることはありませんでした。しかし、お得なパックを買って、処理をして冷凍庫に入れておけば、1週間くらいどってことありません。おなかも満足させつつ、節約もできてしまいました。
家族3人、夫が1週間の食費を3千円安くできた時の喜び、忘れられません。食事は生活の活力だと私は思います。食事をする人が惨めな気持ちにならない程度に、これからも節約に努めたいと思います。


節約をするなら無駄な買い物をしないこと

私はそれほど節約に努めているほうではないが、買い物をする際はなるべく必要だと思われる物しか買わないようにしています。必要でない物を買っても置く場所がない事を考えると、衝動買いをする気にはならないと思います。
私は食料品の中で野菜やコメは農産物直販所で購入しています。直売所だとスーパーより安いし、生産者の名前が表示されているので安心できますし、新鮮な物が購入できます。
光熱水費を節約するならば、こまめに電気のスイッチを切ることと、水は流しっぱなしにしないで、使うことです。

また、誰もいない部屋に電気が付いているのは節約にならないし、資源の無駄使いになります。使用していなければ電気のスイッチを切るようにしています。また水を流しっぱなしにして使わず、貯めて使うようにしています。
また長時間外出をする際には電気器具のプラグをコンセントから抜いておくべきです。待機電力がある電気製品はプラグを入れておくだけでも電気を消費します。また水道の栓もきちんと締まっているかを確認しておくべきでしょう。

水が少し出ている状態だと長時間になると相当の量が出ていってしまいます。
節約にこころがけるならば、細かいことを長くやることでしょう。細かいことも長くやることが、思った以上の節約になります。そのことが経費の思わぬ節約になります。


おからを効果的に使っちゃいましょう!

こうも世知辛い世の中だと、どうしても財布のひもが固くなってしまいますよね。捉え方によっては惨めとも、面白いとも感じ取ることが出来ます。もちろん私は面白いと思うようにはしていますよ。だって惨めだなんて思うようになったら、本当に悲しくなってしまいますからね。
そこで私の節約方法を紹介したいと思います。名付けて、節約ダイエット!ですね。どうせ節約するのなら、お金を貯めて脂肪を無くしちゃいましょう。間違ってもお金を無くして、脂肪を溜めこんでしまってはダメですよ。
と言っても、そこまで難しいものではないです。近所に豆腐屋があれば可能ですから。
私が実行している節約術は、おからを食べまくるという方法です。お店にもよりますが、多くの豆腐屋でおからは廃棄物として処理をされています。そう、ゴミなんですよね。そのため、欲しいという人がいれば基本的に無料でくれるはずです。なかには一袋100円くらいで販売している所もあるようですが、100円くらいなら許容範囲でしょう。
で、入手したおからで料理を作るのです。有名なのは卯の花ですが、それ以外にもハンバーグの代わりや豆腐ステーキの代わりにもなります。これが意外と美味しいんですよ。
ちなみに、おからは冷凍でも保存はできます。食物繊維も豊富ですし、カロリーもかなり制限できます。
私はこれで結構体重が落ちました。節約ダイエット、有りだと思いますね。